CHALLENGE WRITING

交通事故被害者家族のための刑事・民事・保険手続き安心ガイド 士業プロフェッショナル 破産法の法律相談 個人債務者再生手続 実務解説Q&A

最新の知識を被害者の
元へ届け続ける

Commentary by
a l
awyer

Commentary by a lawyer

01.


新刊著書

01.


新刊著書

交通事故被害者家族のための
刑事・民事・保険手続き安心ガイド

2022年7月22日より、Amazon楽天ブックスほか好評発売中!!
 

交通事故被害者家族のための刑事・民事・保険手続き安心ガイド
 
  こちらよりご購入いただけます ↓     
         
Yahoo!ニュースとJBpressの記事にて、
本書を取り上げていただきました ↓

交通事故被害者家族のための刑事・民事・保険手続き安心ガイド

2022年7月22日よりAmazon楽天ブックスほか発売中!!

 
 
こちらよりご購入いただけます⇨          

    Yahoo!ニュースとJBpressの記事にて本書を取り上げていただいています ⇨    

長年、交通事故の被害者救済に取り組んできました。
日々、皆さまからご相談やご質問をいただいていましたが、2時間程度の面談では説明しきれないことが多いと感じていました。このため、皆さまに簡略な説明を記載した資料をお渡しし、帰宅後に確認して頂くようにしていました。この「損害賠償請求の手続についての説明」という資料は、更新を重ねる度に情報量を増やし、現時点でversion.4になっています。
今回、「損害賠償請求の手続についての説明」をベースにして、分かりやすい解説を大量に加えました。刑事手続から民事手続の流れ、成年後見、自動車保険などについても解説しています。
日々の業務に追われ、執筆のための時間をなかなか確保できなかったため、完成までに2年以上の期間がかかってしまいましたが、当初の意図どおりの内容・水準の書籍を送り出せました。
交通事故の被害に遭って大変な思いをされている被害者やそのご家族が、本書を読んで正しい知識を身に付け、適切な解決を図るための手助けができれば幸いです。

《 目次 》

【第1部】刑事手続への対応

《 目次 》

 
【第1部】刑事手続への対応

◆第1章 捜査段階の対応
[1-1]捜査
[1-2]捜査段階での被害者の対応

◆第2章 起訴と不起訴
[2-1]入手できる刑事記録の範囲
[2-2]不起訴処分になった場合の対応
[2-3]起訴の種類

◆第3章 起訴後の手続き
[3-1]被害者参加制度の概要
[3-2]被害者参加制度以外で可能な対応

◆第4章 刑事手続のまとめ
[4-1]期間
[4-2]刑事手続で対応しておく目的

 
【第2部】民事手続の流れ

◆第5章 治療期間の注意点
[5-1]治療
[5-2]入院雑費
[5-3]付添看護費
[5-4]交通費
[5-5]領収証などの資料の保管方法
[5-6]休業損害
[5-7]入通院慰謝料
[5-8]仮払い(内払い)


◆第6章 症状固定
[6-1]症状固定とは
[6-2]症状固定の時期
[6-3]症状固定を判断するのは誰か
[6-4]症状固定の効果
[6-5]症状固定の診断を受けるために
[6-6]後遺障害診断書
[6-7]主治医の所見



◆第7章 自賠責保険の請求
[7-1]自賠責保険
[7-2]政府保障事業
[7-3]自賠責保険の請求
[7-4]保険会社が事前認定をすすめる理由
[7-5]後遺障害の認定手続の注意点
[7-6]自賠責保険金の支払い
[7-7]適正な後遺障害認定の重要性
[7-8]自賠責保険の認定を争う方法
[7-9]異議申立
[7-10]自賠責保険金請求権の時効

◆第8章 後遺障害の損害項目
[8-1]逸失利益
[8-2]後遺障害慰謝料
[8-3]将来介護費
[8-4]将来雑費
[8-5]家屋改造費
[8-6]装具・器具購入費
[8-7]自動車購入費
[8-8]成年後見手続きの費用

◆第9章 過失割合・損益相殺
      ・弁護士費用・遅延損害金

[9-1]過失相殺
[9-2]素因減額
[9-3]損益相殺
[9-4]弁護士費用と遅延損害金



◆第10章 解決のための手段
[10-1]選択肢
[10-2]示談
[10-3]日弁連交通事故相談センター
[10-4]交通事故紛争処理センター
[10-5]裁判(損害賠償請求訴訟)
[10-6]裁判の流れ


◆第11章 成年後見
[11-1]成年後見制度
[11-2]保佐制度
[11-3]成年後見が適用されるまでの対応




◆第12章 自動車保険
[12-1]賠償責任保険
[12-2]自動車保険の機能
[12-3]人身傷害保険
[12-4]無保険車傷害保険
[12-5]搭乗者傷害保険
[12-6]弁護士費用特約
[12-7]適用される範囲

◆第13章 弁護士への依頼
[13-1]保険会社のスタンス
[13-2]弁護士への依頼
[13-3]弁護士費用の負担をどう考えるか
[13-4]弁護士への依頼を慎重に考える
    べき場合
[13-5]弁護士に依頼すべき時期

02.


著者プロフィール

02.


著者プロフィール

弁護士が法的解決のポイントを解説します

私が代表を務めている『だいち法律事務所』は、交通事故によって高次脳機能障害・遷延性意識障害・脊髄損傷などの後遺障害を負われた方、ご家族が亡くなられた方の支援を専門としている法律事務所です。

弁護士になったばかりの頃は、多様な事件を受任しつつ、消費者被害の救済などに注力していました。その後、2005年に『だいち法律事務所』を立ち上げたころから、交通事故の被害者救済に取り組み始めました。交通事故に取り組むにつれ、重度の後遺障害を負われた被害者やそのご家族が十分な救済を受けられておらず、半ば泣き寝入りしている実態を知り、この分野に特化して被害者救済を図っていくことを決意しました。
その後、交通事故の中でも、高次脳機能障害・遷延性意識障害・脊髄損傷などの重度の後遺障害事案、死亡事故を専門にし続け、既に20年近くにわたって知識・経験を積み重ねてきました。
今回、被害者やそのご家族に役立つ知識を広めたいと考えて、書籍を出版するに至りました。今後も、被害者やそのご家族のため、活動を続けていく所存です。

 
弁護士藤本一郎

弁護士が法的解決のポイントを解説します

私が代表を務めている『だいち法律事務所』は、交通事故によって高次脳機能障害・遷延性意識障害・脊髄損傷などの後遺障害を負われた方、ご家族が亡くなられた方の支援を専門としている法律事務所です。

弁護士になったばかりの頃は、多様な事件を受任しつつ、消費者被害の救済などに注力していました。その後、2005年に『だいち法律事務所』を立ち上げたころから、交通事故の被害者救済に取り組み始めました。交通事故に取り組むにつれ、重度の後遺障害を負われた被害者やそのご家族が十分な救済を受けられておらず、半ば泣き寝入りしている実態を知り、この分野に特化して被害者救済を図っていくことを決意しました。
その後、交通事故の中でも、高次脳機能障害・遷延性意識障害・脊髄損傷などの重度の後遺障害事案、死亡事故を専門にし続け、既に20年近くにわたって知識・経験を積み重ねてきました。
今回、被害者やそのご家族に役立つ知識を広めたいと考えて、書籍を出版するに至りました。今後も、被害者やそのご家族のため、活動を続けていく所存です。
 

 
弁護士藤本一郎

【 著者経歴 】

 

1995年3月    立命館大学法学部卒業
1995年4月    立命館大学大学院法学研究科 入学
1996年     司法試験合格
1997年3月    立命館大学大学院法学研究科 卒業
1997年4月    51期司法修習生
1999年4月    弁護士登録
2005年10月  だいち法律事務所 設立

【 著者経歴 】

 

     1995年  3月

立命館大学法学部 卒業

     1995年  4

立命館大学大学院法学研究科 入学

     1996年

司法試験合格

     1997年  3月

立命館大学大学院法学研究科 卒業

     1997年  4月

51期司法修習生

     1999年  4月

弁護士登録

     2005年10月

だいち法律事務所 設立

【 事務所概要 】

事務所名
代表者

弁護士 藤本 一郎

所在地

〒530-0047
大阪市北区西天満4丁目11番22号 阪神神明ビル601号

電話番号

06-6311-2211

FAX番号

06-6311-2202

設立

2005年10月

専門分野

重症交通事故案件・死亡交通事故案件

 事務所名
 代表者

 弁護士 藤本 一郎

 所在地

 〒530-0047   大阪市北区西天満4丁目11番22号 阪神神明ビル601号

 電話番号

 06-6311-2211

 FAX番号

 06-6311-2202

 設立

 2005年10月

 専門分野

 重症交通事故案件・死亡交通事故案件

03.


書籍出版に関するコラム

03.


書籍出版に関するコラム

[%article_date_notime_dot%]

[%new:New%] [%category%]

[%title%]

[%lead%]

04.


アーカイブ

04.


アーカイブ

交通事故被害者家族のための
刑事・民事・保険手続き安心ガイド

令和4年7月、交通事故の被害に遭って中重度の後遺障害を負った被害者やそのご家族に向けた書籍を出版しました。
交通事故の被害に遭ってから損害賠償の問題が解決するまでの過程を、時間の流れに沿って解説しています。これにより、
①現時点でどの段階まで手続が進んでいるのか
②今後はどのような手続が必要になるのか
など、重要な情報が把握しやすくなっています。
また、交通事故の被害に遭ったという大変な状況においても参考にして頂けるように、難しい用語をなるべく使わず、分かりやすい表現を心がけました。
交通事故の被害に遭って大変な思いをされている被害者やご家族が、適切な解決を図るための手助けになって欲しいと考えています。
 
  ご購入希望の方は、
  下記のECサイトをご利用ください
    

 

交通事故被害者家族のための刑事・民事・保険手続き安心ガイド

令和4年7月、交通事故の被害に遭って中重度の後遺障害を負った被害者やそのご家族に向けた書籍を出版しました。
交通事故の被害に遭ってから損害賠償の問題が解決するまでの過程を、時間の流れに沿って解説しています。これにより、
①現時点でどの段階まで手続が進んでいるのか
②今後はどのような手続が必要になるのか
など、重要な情報が把握しやすくなっています。
また、交通事故の被害に遭ったという大変な状況においても参考にして頂けるように、難しい用語をなるべく使わず、分かりやすい表現を心がけました。
交通事故の被害に遭って大変な思いをされている被害者やご家族が、適切な解決を図るための手助けになって欲しいと考えています。
 
 
 


士業プロフェッショナル  2020

士業プロフェッショナル2020

この本は、私が執筆した本ではありませんが、私の活動内容や実績を詳しく取り上げていただいたので、紹介させていただきます。
交通事故の被害者救済に専門特化した法律事務所として、「だいち法律事務所」を掲載していただきました。
出版社の担当者にインタビュー取材をしていただき、被害者の心に寄り添う姿勢、豊富な経験に裏打ちされた事件処理、高水準の解決実績などに高い評価をいただきました。

 

士業プロフェッショナル 2020

この本は、私が執筆した本ではありませんが、私の活動内容や実績を詳しく取り上げていただいたので、紹介させていただきます。

交通事故の被害者救済に専門特化した法律事務所として、「だいち法律事務所」を掲載していただきました。
出版社の担当者にインタビュー取材をしていただき、被害者の心に寄り添う姿勢、豊富な経験に裏打ちされた事件処理、高水準の解決実績などに高い評価をいただきました。

 

破産法の法律相談

破産法の法律相談
大阪弁護士会消費者保護委員会の有志によって、破産法手続について詳しく解説した書籍です。
私も、消費者保護委員会に所属していましたので、執筆担当者の列に加わりました。
多額の負債を負って困っている方が経済的に立ち直り、生活を再建するために、破産手続はとても重要な手続です。
また、弁護士は、多重債務について相談を受けた時、かならず破産手続の利用を検討することになります。正確かつ十分な知識を身に付けておくことは、依頼された案件の解決に必要不可欠なことです。
この本によって多重債務問題が適切に解決されて欲しいと思います。
 
  青林書院のサイトよりご購入いただけます
   

 

破産法の法律相談

大阪弁護士会消費者保護委員会の有志によって、破産法手続について詳しく解説した書籍です。
私も、消費者保護委員会に所属していましたので、執筆担当者の列に加わりました。
多額の負債を負って困っている方が経済的に立ち直り、生活を再建するために、破産手続はとても重要な手続です。
また、弁護士は、多重債務について相談を受けた時、かならず破産手続の利用を検討することになります。正確かつ十分な知識を身に付けておくことは、依頼された案件の解決に必要不可欠なことです。
この本によって多重債務問題が適切に解決されて欲しいと思います。
 
 
 


個人債務者再生手続Q&A

個人債務者再生手続Q&A
大阪弁護士会消費者保護委員会の有志によって、民事再生法の中の個人再生手続について詳しく解説した書籍です。
私も、消費者保護委員会に所属していましたので、執筆担当者の列に加わりました。
多額の負債を負って困っている方が経済的に立ち直り、生活を再建するために、個人再生手続はとても重要な手続です。
また、弁護士は、多重債務について相談を受けた時、住宅ローンを抱えている場合に個人再生手続の利用を検討することになります。正確かつ十分な知識を身に付けておくことは、依頼された案件の解決に必要不可欠なことです。
この本によって多重債務問題が適切に解決されて欲しいと思います。
 
  青林書院のサイトよりご購入いただけます
   
 

個人債務者再生手続Q&A

大阪弁護士会消費者保護委員会の有志によって、民事再生法の中の個人再生手続について詳しく解説した書籍です。
私も、消費者保護委員会に所属していましたので、執筆担当者の列に加わりました。
多額の負債を負って困っている方が経済的に立ち直り、生活を再建するために、個人再生手続はとても重要な手続です。
また、弁護士は、多重債務について相談を受けた時、住宅ローンを抱えている場合に個人再生手続の利用を検討することになります。正確かつ十分な知識を身に付けておくことは、依頼された案件の解決に必要不可欠なことです。
この本によって多重債務問題が適切に解決されて欲しいと思います。 

 

【 アーカイブスの購入方法 】

交通事故被害者家族のための刑事・民事・保険手続き安心ガイド

交通事故被害者家族のための
刑事・民事・保険手続き安心ガイド

取扱い:Amazon   楽天ブックス

ご購入希望の方は、下記のECサイトにてお買い求めいただけます。

破産法の法律相談

破産法の法律相談

取扱い:青林書院

 
ご購入は、青林書院のサイトよりお願いいたします。

 
個人債務者再生手続Q&A

個人債務者再生手続Q&A

取扱い:青林書院

 
ご購入は、青林書院のサイトよりお願いいたします。
 

05.


お問い合わせ

05.


お問い合わせ

交通事故に関する本の執筆やメディア出演の依頼は、こちらからご応募ください

執筆やメディア出演依頼以外のお問い合わせに関しては、ご連絡いただいてもお応えしかねますので、あらかじめご了承ください。
 
交通事故被害者の方々からの弁護士へのご相談に関しては、
だいち法律事務所のホームページからお問い合わせをお願いします。